メルヘンの街,自由ハンザ都市ブレーメン

 TOP北ドイツの街>ブレーメン ⇒ この記事 

 世界遺産ブレーメンのマルクト広場とローラント像
世界遺産 マルクト広場の
市庁舎とローラント像
 ブレーメン・ベトヒャー通り
ベトヒャー通り
 ブレーメン・シュノア地区
シュノア地区
 text026_04.gif

メルヘン街道の終点ブレーメンは,中世の面影を残すロマンチックな街であり,また自由ハンザ都市として繁栄した歴史を持つ街である。グリム童話「ブレーメンの音楽隊」で,年老いた動物たちは音楽隊に加わろうとこの賑やかな町を目指した。

ブレーメンの魅力は,童話ゆかりの地であるだけではない。2004年に世界遺産に登録されたマルクト広場の市庁舎とローラント像,個性的なレンガ造りの建物が並ぶベトヒャー通り,細い路地が迷路のように入り組むシュノア地区などが,それぞれ個性的な魅力を放ち,今も多くの人々を世界中から引きつけ続けている。

ブレーメンのクリスマス 
  クリスマスマーケット
ブレーメンの音楽隊像と街並み
ブレーメンの音楽隊
(作成中) 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。