【ハンブルクの通り】アルスター・アルカーデン Alster Arkaden

 TOP観光>建物・通り ⇒ この記事 

アルスターアルカーデンとハンブルク市庁舎
アルスター・アルカデンはイタリア風の白いアーチをもつ美しいアーケードである。1842年に起きた大火事の後に,建築家アレクシス・ド・シャトーヌフ Alexis de Chateauneuf の設計により建てられた。

短いアーケードだが,お洒落なカフェ,商店が軒を連ねている。市庁舎と水路(クライネアルスター Kleine Alster)の白鳥を眺めながら,カフェで優雅なひとときを過ごしたい。ハンブルクの紅茶好きに評判の店 ARKA Teepavillon の紅茶はお土産におすすめ。

5月〜8月頃になると,アーケード内にたくさんのツバメが巣を作り,子育てする姿を見せてくれる。

アルスターアルカーデンとブランド街ノイアーヴァルをつなぐメリン・パッサージュ Mellin-Passage は小さいながらも一見の価値がある。天井と壁にアールヌーヴォー絵画が描かれた,優雅なパッサージュである。
メリン・パッサージュ Mellin-Passage
関連記事
【観光】ハンブルク市庁舎

関連記事(姉妹サイト(ブログ)ハンブルク徒然草)
ハンブルク Mellin-Passage / ツバメの巣 / ツバメの巣がピンチ! / ツバメの巣 その後

その他の通り・建物 (→建物と通りのトップへ)
テレビ塔 / アルテ・ポスト / チリハウス / ダイヒ通り / コロナーデン / アルスター・アルカーデン / (→次の記事)トロスト橋 / ロンバルト橋


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。