【ハンブルク・ニュース 】ドイツ・ハンブルクで約400年ぶりの海賊裁判

 TOPハンブルク ・ ニュース ⇒ この記事 


ソマリア沖でドイツの貨物船に対して海賊行為を行ったとされる10人のソマリア人の裁判が,今週ハンブルクで始まった。

ドイツで海賊裁判が行われるのは約400年ぶりのこと。

14世紀から17世紀にかけて,港町ハンブルクでは多くの海賊が裁かれ斬首刑に処せられた。なかでも有名なのは14世紀末,北海・バルト海に悪名を轟かせた海賊王シュテルテベッカー。今回の被告は最高でも禁固15年にとどまるという。

関連記事
【ハンブルク・ニュース】海賊王の頭蓋骨が盗まれる
2010-11-25

arrow0613.gif ハンブルク・ニュースのトップへ


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。